« 利回り追求の度合いが市場の変化の大きさを示現 | トップページ | 円は主要16通貨全てに対し下落 »

2013年6月27日 (木)

中国新疆ウイグル自治区で暴動(新華社)

 中国の国営新華社通信は新疆ウイグル自治区で26日
   警察署や政府建物を襲った暴動
が発生し27人が死亡したと伝えた。

 

 地元の共産党当局者の話として報じたところによると、暴動はウイグル自治区のルクチュンで発生した。
 治安要員9人と市民8人が犠牲となったという。

 その後、警官隊が「暴徒」10人を射殺し、3人を逮捕、別の3人は負傷して病院で手当を受けたという。

  
 

 ルクチュンはウイグル自治区の首都ウルムチの東に位置する都市。

 なお、ウルムチでは2009年にウイグル族と漢族との間で衝突が発生し、約200人が死亡している。

 今年4月には中国公安当局者が武器貯蔵庫を発見したことから衝突が起き、警官や当局者など21人が死亡している。

 

ひとこと
 中国公安の支援を受けた漢族の大量流入でにウイグル族の経営する商店等が淘汰され、社会流通網が漢族の支配下に置き換わり、ウィグル族の文化の破壊が進んでいる。

 

 共産主義の一党独裁国家中国が国内の不満を持つ少数民族の実質的な民族浄化にたいする自決権が奪われる状況がチベットでも行われており、社会の不安定化は治まる気配がない。

 

 経済的な格差も拡大しており、漢族でも不満が渦巻いており、毎年1万人以上の暴動が1万件も派生しているのが普通の監視社会でもある中国では公安の押さえ込みを目論む「抗日」といった民族意識を高める手法の一つでもある方向に国民の目を向けようと必死だが、そろそろ限界だろう。

 

 
 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

    
    
 

« 利回り追求の度合いが市場の変化の大きさを示現 | トップページ | 円は主要16通貨全てに対し下落 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国新疆ウイグル自治区で暴動(新華社):

« 利回り追求の度合いが市場の変化の大きさを示現 | トップページ | 円は主要16通貨全てに対し下落 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ