« 円が98円台後半に下落、都議選圧勝でアベノミクスの継続を期待 | トップページ | 2013年は不毛の年 »

2013年6月24日 (月)

円売りの勢いが失速

 東京時間、外国為替取引では、米ドルが円に対して一時、2カ月ぶり高値を付けた。

 

 米国で25日発表される耐久財受注と住宅価格の指標が景気の強さを示し、金融当局の
   緩和縮小に妥当性
を与えるとの見方を背景に主要16通貨全てに対して上昇した。

 

 東京都議選で国政での連立与党が過半数を確保したことで安倍晋三首相の
   円安政策に弾み
が付くとの見方から、円はユーロに対しても下落した。

 

 ロンドン時間午前10時52分(日本時間午後6時52分)現在、米ドルは対円で0.05%安の1ドル=97円85銭。一時は11日以来の高値98円70銭を付けた。

  
 対ユーロでは0.08%安の1ユーロ=1.3110ドル。
 一時は6日以来の高値1.3079ドルとなった。
 円は対ユーロで0.18%安の1ユーロ=128円24銭。

  

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« 円が98円台後半に下落、都議選圧勝でアベノミクスの継続を期待 | トップページ | 2013年は不毛の年 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円売りの勢いが失速:

« 円が98円台後半に下落、都議選圧勝でアベノミクスの継続を期待 | トップページ | 2013年は不毛の年 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ