« ユーロ圏の5月のインフレ率は前月から上昇 | トップページ | 成長と雇用が優先課題との認識で一致 G8首脳 »

2013年6月15日 (土)

商品ヘッジファンド 利益出すのが困難な状況に(FAO)

 国連食糧農業機関(FAO)は13日
   「商品ヘッジファンドは後退しているか」
と題した報告書で
   年間報酬も支払っている顧客
は損失の100%を抱え込んでいると指摘した。

 

 運用報酬などの手数料に対し
   顧客が不満
を抱いていることが一因としている。

 

 商品指数ファンド投資に関するデータを引用し、ヘッジファンドからの
   資金引き揚げ
を反映し、投資が2011年4月以降、20%減少、大半の成熟した事業同様に
   商品ヘッジファンド
は収益性を確保するのが困難な状態になっていると指摘した。

 商品ヘッジファンドは商品先物の本質に関する厳しい現実が再び表面化した可能性がある。

 

 つまり、商品先物は投資手段ではなく
   リスクをシフトさせる手段
であり、利益が上がるごとに損失が出るとしている。

 

 報告書によると、商品ヘッジファンドは1979年から存在しており、2000年まではそれほど増加していなかった。
 07-08年の食料危機によってヘッジファンドの利益が拡大した。

 

 

ひとこと
 商品市場に金融資本が流れ込んだことで歪な価格形成が続いている。穀物相場の上昇は途上国にも波及し社会不安を引き起こし、政権が崩壊させたことも考える必要があるだろう。

 

 原油市場では価格の上昇で掘削する場所が極めて悪い環境でも開発費用が賄え、新技術の導入でシェールガス・オイルなど非在来型のエネルギーも手に入れることとなり、生産量が爆発的に増えている。 

 

 国家戦略として中国がレアメタル・レアアース等の輸出抑制を行ったことで価格が急騰したことから、こちらでも新技術の確立で使用量が大幅に低下、あるいは新鉱山等の開発が進み価格の急落が起こり、結果、中国の企業の多くが倒産してしまうこととなった。

 欲をかけば、こうしたドツボに嵌る可能性は高い。

 

   

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

« ユーロ圏の5月のインフレ率は前月から上昇 | トップページ | 成長と雇用が優先課題との認識で一致 G8首脳 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商品ヘッジファンド 利益出すのが困難な状況に(FAO):

« ユーロ圏の5月のインフレ率は前月から上昇 | トップページ | 成長と雇用が優先課題との認識で一致 G8首脳 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ