« 米国債と住宅ローン担保証券の購入 を9月から調整し始める必要 | トップページ | 金融当局の資産購入について 「事前に方針が決まっているわけでは決してない」 »

2013年7月17日 (水)

中国は年内に大規模な刺激策講じない

 中国財政省のウェブサイトに16日、
   楼継偉財政相
が11日にワシントンでの米国側との会合で、中国が年内に
   大規模な財政による刺激策
を講じることはないとの発言内容が掲載された。

 

 中国政府が経済成長の鈍化を容認することをあらためて示唆している。

 

 同相は中国が成長を促し雇用を拡大させる一方で、政策を微調整し、財政収支における赤字を変えないと表明した。

 
 

 その上で、短期的なマクロ経済政策に対する
   大きな調整
は避けると米国で言明した。

 

   

ひとこと
 中国の巨大な人口が経済発展の足枷になり始めている。動き出せば力が予想以上の影響力を与えるのは明らかだが、これが逆回転すれば、より大きなマイナスとなる。

 一度すべり、転がり落ちる動きになれば底が深くなり到達しても被害は甚大だ。

   

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

      

« 米国債と住宅ローン担保証券の購入 を9月から調整し始める必要 | トップページ | 金融当局の資産購入について 「事前に方針が決まっているわけでは決してない」 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国は年内に大規模な刺激策講じない:

« 米国債と住宅ローン担保証券の購入 を9月から調整し始める必要 | トップページ | 金融当局の資産購入について 「事前に方針が決まっているわけでは決してない」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ