« 成長回復に近づく スペイン 4-6月のGDPは前期比0.1%減 | トップページ | 円は行って来い状態 政権による追加政策がより具体的説明が早急に必要だ。 »

2013年7月23日 (火)

豪中銀も非伝統的政策に乗り出す公算

 豪中銀の政策金利である
   オフィシャル・キャッシュレート
は現行2.75%と過去最低だ。

 なお、前回リセッション(景気後退)に見舞われた1991年当時の政策金利は12%だった。

 

しかし、100年に一度の鉱業ブームがピークを過ぎた現在、オーストラリア準備銀行(中央銀行)には
   伝統的な政策手段
がほとんど残されていない。

 米連邦準備制度理事会(FRB)とイングランド銀行(英中央銀行)がこの水準から利下げ余地がなくなり、量的緩和に踏み切るまで何カ月もかかからなかった。

 エコノミストは豪州が2014年半ばまでに景気後退に陥る確率をわずか12%と予測しているが、著しく景気が下降すればかつてない困難を伴うだろう。

 

 豪中銀のスティーブンス総裁が豪ドル安と輸出支援を狙い
   追加利下げ
を実施すると見込んでいる。

 また、他の中銀に倣って低金利を維持する期間をはっきり示すこともあり得る。

 

 金融危機が景気減速と同時に発生する最悪のシナリオでは
   資産購入プログラム
の対象となる国債が不足し、豪中銀は外債購入を含む選択肢の検討を迫られる可能性があるとエコノミストは指摘する。

  
 
 

« 成長回復に近づく スペイン 4-6月のGDPは前期比0.1%減 | トップページ | 円は行って来い状態 政権による追加政策がより具体的説明が早急に必要だ。 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪中銀も非伝統的政策に乗り出す公算:

« 成長回復に近づく スペイン 4-6月のGDPは前期比0.1%減 | トップページ | 円は行って来い状態 政権による追加政策がより具体的説明が早急に必要だ。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ