« ユーロ圏鉱工業生産 市場予想を下回るり6月は前月比0.7%増 | トップページ | 経済予測のみに基づいて政策を変更することには慎重になるべき。 »

2013年8月15日 (木)

フランがユーロのリスクヘッジが弱まり売られた。

 NY時間、外国為替市場ではユーロ圏経済が
   4-6月(第2四半期)に前期比で拡大
し、リセッションから脱却したことで
   スイス・フラン
に対する安全需要が後退、フランはユーロに対し1カ月ぶり安値に下落した。

 また、フランは主要16通貨の大半に対して値下がりした。

 
 

 英国の7月の失業保険申請件数がエコノミストの予想以上に減少したことを受けポンドは上昇した。
 また、英国との経済的な結びつきが強いニュージーランド(NZ)ドルはここ1週間で最大の値上がりとなった。
 小売売上高の増加に反応した結果でもある。

 

 7月の米生産者物価指数(PPI)は予想外に前月比ほぼ変わらずとなった。

 

 ドイツとフランスの国内総生産(GDP)もアナリスト予想を上回った。

 ポンドは対ユーロで4営業日続伸した。

 

 

  

ひとこと
 景気拡大を先読みした動きが出てきたようだ。

 

 

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

 

« ユーロ圏鉱工業生産 市場予想を下回るり6月は前月比0.7%増 | トップページ | 経済予測のみに基づいて政策を変更することには慎重になるべき。 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランがユーロのリスクヘッジが弱まり売られた。:

« ユーロ圏鉱工業生産 市場予想を下回るり6月は前月比0.7%増 | トップページ | 経済予測のみに基づいて政策を変更することには慎重になるべき。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ