« シリア政権軍が神経ガス使用? | トップページ | 欧州域内経済は4-6月(第2四半期)に、過去最長のリセッション(景気後退)を脱した。 »

2013年8月22日 (木)

米ドルは上げ幅を拡大

 NY時間外国為替市場では7月の米中古住宅販売が2009年11月以来の高水準に増加したことは、8月21日朝方の米ドル買い材料となった。

 

 午後に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で
   景気が改善する限り
年内に緩和規模を縮小し始めるというバーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長の計画に
   幅広い支持
が集まっていることが明らかになり、米ドルは上げ幅を拡大した。

 
 

 新興市場資産の下落を背景に、インドネシア・ルピアは4年ぶりの安値に沈み、インド・ルピーは最安値を更新した。

 

 ニューヨーク時間午後4時15分現在、米 ドルは円に対し0.6%高い1ドル=97.85円。対ユーロでは3日ぶりに上げ、0.5%高の1ユーロ=1.3348ドル。ユーロは対円で0.1%高の1ユーロ=130.60円。

« シリア政権軍が神経ガス使用? | トップページ | 欧州域内経済は4-6月(第2四半期)に、過去最長のリセッション(景気後退)を脱した。 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルは上げ幅を拡大:

« シリア政権軍が神経ガス使用? | トップページ | 欧州域内経済は4-6月(第2四半期)に、過去最長のリセッション(景気後退)を脱した。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ