« ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神 | トップページ | 日本経済の真実 [ 辛坊治郎 ] »

2013年8月 2日 (金)

スノーデン容疑者の一時亡命受け入れ(ロシア)

 ロシア政府は1日、元米中央情報局(CIA)職員
   エドワード・スノーデン容疑者(30)
に1年間の亡命を認めたことから、スノーデン容疑者はモスクワのシェレメチェボ空港の乗り継ぎ区域を出て、ロシアに入国した。

 

 

ひとこと
 機密情報の漏洩だが、諜報活動が同盟国にも及んでいたことが暴露された影響も大きい。ただ、同盟国に対する諜報活動が行わないような信頼感など、古今東西ありえない話だ。常に敵味方ともに諜報活動を実行するのが当然のことで、信頼は全面的ではなく半分程度が外交では必要であり、常に相手の動向を探るものだ。

   

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

   
 

« ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神 | トップページ | 日本経済の真実 [ 辛坊治郎 ] »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スノーデン容疑者の一時亡命受け入れ(ロシア):

« ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神 | トップページ | 日本経済の真実 [ 辛坊治郎 ] »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ