« FRB次期議長の候補者はほかにも | トップページ | 豪中銀が政策金利を2.5%に引き下げ »

2013年8月 6日 (火)

与信需要の伸びを米国の銀行が目撃

 米連邦準備制度理事会(FRB)が5日公表した
   融資担当者調査
によると、米国の銀行は与信需要の伸びを目にしており
   住宅購入者
   企業
が一段と容易に融資を受けられるようになっていることが明らかになった。


 

 FRBは四半期調査で国内銀行は全体的に見て
   過去3カ月に融資基準を緩和
し、大半の融資カテゴリーで需要の増加を経験したと報告したと説明した。

 

 金融機関の与信状況が連邦財政の縮小に見舞われる経済の支えになっていることを裏付ける結果となった。

 

米連邦公開市場委員会(FOMC)はこの報告を先週の会合で検討した。
 同会合では「経済成長は最近のペースから上向く」と判断している。


 

 銀行は需要の伸びや競争激化を背景に、全ての規模の企業向け融資条件を緩和したと報告した。
 また、住宅ローンでは「少数の」銀行が優良住宅向けや非伝統的な住宅ローンの基準緩和を報告している。
 なお、「多くの」銀行では住宅ローンの需要増加が見られたという。 

  

 

ひとこと
 金融機関の融資の際に担保となる資力など与信の質が改善してきているようだ。賃金の上昇や保有する資産の価値の改善・向上が起きていると見られる。

 

 

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

   
  
   
   

« FRB次期議長の候補者はほかにも | トップページ | 豪中銀が政策金利を2.5%に引き下げ »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与信需要の伸びを米国の銀行が目撃:

« FRB次期議長の候補者はほかにも | トップページ | 豪中銀が政策金利を2.5%に引き下げ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ