« 財政再建の矛盾 国債残額の減少を目論む消費導入な再び円高を引き起こす。 | トップページ | 経済まねきねこ GBP-米ドル 週間展望 »

2013年8月10日 (土)

経済まねきねこ 米ドル 週間展望

米ドル・円

 

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為  ポータルサイト




(1時間足)

 一目均衡表の雲は99円の切れ目から売りが続いたことで96.34-96.45円まで沈んだ。

 取引は6日16時高値98.57円から売りが続き8日23時安値95.80円まで緩んだ後、買戻しで雲の下縁まで上昇し揉み合いとなった。

 目先、雲が下向く動きが鈍化し水平から収束しているものの雲が重く突破できずに下縁部分を揉み合っている。近づく雲の収束で反応すれば96.75円目標。売られると96円を再び割り込む見込みだ。

   ・ 「空腹」が人を健康にする

 

 

(4時間足)

 一目均衡表の雲は売りで下降し96.83-97.87円まで緩んだ。

 取引は2日20時の高値99.43円から売りが続き雲の括れに揉む反応。

 目先、雲が切れ目から下降する位置になり買戻しが入る見込み。レジスタンス97円を突破できれば98円付近まで回復する見込みだ。 

   ・ なぜ、「これ」は健康にいいのか?

 

 

ひとこと

 日足では99円付近を中心に水平方向に薄く流れている。

 取引では雲を挟み99-101円レンジでのボックス相場。

 目先、雲は水平で薄く値動きが大きくなる状態。売りが96円で止まれば100円台入りをすることになる。タダ、売りを吸収できずに割り込めば94円に近接していくだろう。

   ・ フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!

 

  


     ※ チャートはリアル表示となっていますので記事内容とは時間差があります

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

   
   

« 財政再建の矛盾 国債残額の減少を目論む消費導入な再び円高を引き起こす。 | トップページ | 経済まねきねこ GBP-米ドル 週間展望 »

トレンドライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済まねきねこ 米ドル 週間展望:

« 財政再建の矛盾 国債残額の減少を目論む消費導入な再び円高を引き起こす。 | トップページ | 経済まねきねこ GBP-米ドル 週間展望 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ