« 豪ドルは売りが入り底値が92.15円付近まで緩むかも。 | トップページ | 中国新疆ウイグル自治区 緊迫化 »

2013年9月19日 (木)

量的緩和策の規模850億ドルを継続(FOMC)

 米国では連邦公開市場委員会(FOMC)が17-18日に開催した定例会合後に声明を発表した。

 これまで経済回復策として量的緩和を継続し
   毎月850億ドル
を市場から買い入れ資金を投入してきたが、会合後、債券購入ペースを維持する方針を示した。

 これまでバーナンキFRB議長を始めとした発言から市場では購入規模の縮小が予想されていた。
 しかし、金融当局は購入規模縮小には景気回復のさらなる証拠が必要だとの見解を示した。

 
 
   

ひとこと
 市場の予想が外れた。米国経済の回復力が弱いと言う見解のようだ。
 米国の財政問題で支出上限の引き上げが議会を通過しなければ、9月末以降政府機関等の窓口閉鎖が起こりそうな気配が出ている。
 米国債のデフォルト対応も意識する必要があるのかもしれない。

 ただ、米国内で産出する石油や天然ガス等の開発において米国政府の権益が大きなウェートを占めている。
 こうした権益を手放せば一時的にはデフォルトにはならない。

 また、支出抑制では軍産複合体制の維持などを目的に海外展開している米軍の守備範囲を縮小させれば大幅に減少させることは可能だろう。

 戦後の日本の政治体制が米国の思うがままに形作られ、無責任な民主主義が蔓延してしまっている。
 こうした、愚策を糺し、欧米の言いなりになっているマスコミや政治家、経営者等に責任を取らせる必要があるだろう。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

    
 
    
 

« 豪ドルは売りが入り底値が92.15円付近まで緩むかも。 | トップページ | 中国新疆ウイグル自治区 緊迫化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 量的緩和策の規模850億ドルを継続(FOMC):

« 豪ドルは売りが入り底値が92.15円付近まで緩むかも。 | トップページ | 中国新疆ウイグル自治区 緊迫化 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ