« 円は4時半頃から再び上昇 | トップページ | FRBの後任人事に口を出すな!?ということのよう... »

2013年9月24日 (火)

 一段のドル安 には依然前向きではない

 デイリーFXのクオンティテーティブ・ストラテジスト
   デービッド・ロドリゲス氏
は顧客リポートで、米ドルはユーロなど主要通貨に対して
   安値付近での取引
が続いているとの見解を示した。

 

 ただし、米ドルが鍵となる安値水準を維持し続けているという事実は、トレーダーらが
   一段のドル安
には依然前向きではないことを 示唆していると続けた。

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

     

ひとこと

 米国の維新からいえば米ドルを売られ続けることは国力の低下を意味し、基軸通貨である米ドルがその地位を脅かされることになる。
 金融界では利益を出したいが、米ドルが主要通貨に対して全面的に下落しては元も子もなくなる。

 一時的に売られるのを指示するとレーダーだが、どの水準を思惑として持っているのかは市場の流れの潮目を読むことが重要だ。

 
 
 

« 円は4時半頃から再び上昇 | トップページ | FRBの後任人事に口を出すな!?ということのよう... »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  一段のドル安 には依然前向きではない:

« 円は4時半頃から再び上昇 | トップページ | FRBの後任人事に口を出すな!?ということのよう... »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ