« 米ドルは売りを吸収するも自立反発が弱い。 | トップページ | 豪ドルの動きについてのつぶやき »

2013年9月15日 (日)

ユーロは動きは先行しない。米ドルが動き出してからの判断。

ユーロの動き
・5分足で見ると131.95-132.15円レンジでのボックス相場。

 一目均衡表の雲は、水平方向に流れ131.75-132.10円レンジでの波打ち。

 

・1時間足で見ると、12日23時安値131.72円からの買戻しで雲の切れ目を目指す動きで13日14時高値132.64円まで上昇。その後は売り調整で一時132円のサポートが割れた。

 その後、調整の買戻しで132円をボトムで維持した。

  一目均衡表の雲は、ほぼ水平方向に流れ132.12-132.54円レンジで厚みも変わりがない。。

 

・日足で見ると8月12日安値127.97円を安値に買いが入り雲を緒突破して上昇し11日高値133.37円をつけた。

   一目均衡表の雲は、水平方向に128.85-130.60円で流れた後上向きに変化している。

  
 

ひとこと
 今後は日足で見れば売り調整で130円に近接する可能性もあるが、上向きのボトムラインが売りで割れた場合だけだ。 プライスオシレータは上向きを維持しておりこのまま続くかも。 

 10分足では雲の中を水平方向に揉み合う動きとなっている。

 プライスオシレータでは14日マイナス0.28から上向き0ラインまで上昇し止まっている。様子見であり、動き出してからの対応が適当だろう。

 

 

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

    
 
   

   

« 米ドルは売りを吸収するも自立反発が弱い。 | トップページ | 豪ドルの動きについてのつぶやき »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロは動きは先行しない。米ドルが動き出してからの判断。:

« 米ドルは売りを吸収するも自立反発が弱い。 | トップページ | 豪ドルの動きについてのつぶやき »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ