« 米ドル レジスタンス99.50円がボトムで維持できなければ失速見込み | トップページ | ROC »

2013年9月20日 (金)

ユーロ 原油途絶の懸念が後退し、ギリシャの経済回復期待から買いが続いた。

ユーロの動き
・5分足で見ると3時25分安値134.20円から買いが続き5時30分高値134.67円まで上昇。

 一目均衡表の雲は、高値134.75円手前から収束し134.50円で切れ目を作り緩く下向きに流れを変えた。

 

・1時間足で見ると、18日17時安値131.87円から買いが強まり急伸している。

 一目均衡表の雲は、132-132.60円レンジでほぼ水平の流れ。

 

・日足で見ると6月13日安値124.95円かrあ緩む上向きの揉み合いながら上昇。

 一目均衡表の雲は、128.50-131円レンジでの波打ち。

  
 

ひとこと
 今後は5分足で見ると谷を埋めて値を戻し、一目均衡表の雲を突破したところで売りがはいり押されている。このまま134.50円付近でから底値が緩むかも。

 1時間足ではイランの新大統領が核兵器を作らないと宣言した影響もあり、経済関係の強いギリシャの経済が回復することが期待され急伸しており、更に上値を追うかも。

 1日足では上向きのボックス相場。  

 プライスオシレータでは1時間足では19日23時に0.800まで上昇後、軟化しており一旦調整になるかも。

 

 

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

    
 
   

 

« 米ドル レジスタンス99.50円がボトムで維持できなければ失速見込み | トップページ | ROC »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 米ドル レジスタンス99.50円がボトムで維持できなければ失速見込み | トップページ | ROC »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ