« 中国海軍の3艦隊が合同で最大規模な演習 | トップページ | レアアースで墓穴を掘る中国 »

2013年10月27日 (日)

中国は足元も見るべきだ

 中日友好協会会長の
   唐家セン元国務委員
は26日、北京で開かれた日中両国の政財界人らによるシンポジウム
   「北京―東京フォーラム」
で講演した。

 元国務委員は日本は東アジアの国なのか、米国という東域外大国の代弁者なのか。中国との関係を軽んじれば日本の進む道はますます狭くなると述べ、日米連携強化をけん制した。

 また、靖国神社をめぐる問題に関しても、中日関係の政治基盤に関わるものであり日本は国際的な視野から歴史問題を認識し、戦争被害者の心を癒やすようにしてもらいたいと善処を求めた。

 

 

ひとこと

 第二次世界大戦後の枠組みを考えれば、こうした要求を中国が覇権国家としてより強く行うようになってきている。そもそも、中国国内の状況を考えれば一応共産党支配による独裁国家だ。しかし、国民の多くが自由主義を求めており、チベットやウィグル、その他少数民族は自治権の拡大を要求している。

 中国が日本に戦争を仕掛ければ中国内部でも、こうした動きに呼応して中国政府に対する武力行動が激化し内憂外患の状態に陥り大混乱となることは必定だろう。

 

戦争を中国が日本に仕掛けなくとも、北朝鮮が内部崩壊すれば、中国東北地方に居住する朝鮮族や内蒙古でのモンゴル族、満州族にも民族主義が台頭し武力闘争に発展する可能性も高いと考えられる。

 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

        

  
   

« 中国海軍の3艦隊が合同で最大規模な演習 | トップページ | レアアースで墓穴を掘る中国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国は足元も見るべきだ:

« 中国海軍の3艦隊が合同で最大規模な演習 | トップページ | レアアースで墓穴を掘る中国 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ