« 米国の労働市場には「極めて多くの緩み」 が存在 | トップページ | イランと国際原子力機関(IAEA) 査察の助けとなる「実質的な措置の実施」で合意 »

2013年11月11日 (月)

米国の金融当局は12月に債券購入の縮小を開始しないと予想

 

オランダ発祥の総合金融機関
   
ING
のシニアエコノミスト
   ジェームズ・ナイトリー氏
はリポートで米国の金融当局は12月に債券購入の縮小を開始しないと予想している。

 

来年1月に再び米政府機関が閉鎖されるリスクがあるため、金融当局は2014年1-3月(第1四半期)の遅い時期または4-6月(第2四半期)の早い時期まで緩和縮小開始を控えるだろうとの見解だ。

 また、2月のデフォルト(債務不履行)回避は際どいとの見通しも示した。

 

 12月の連邦公開市場委員会(FOMC)は、議会の予算審議と時期が重なると指摘しており、今月これまでに発表された経済指標は予想より強かったものの、金融当局は政府機関閉鎖の影響見極めで追加のデータを望むだろうとしている。

 

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

    

« 米国の労働市場には「極めて多くの緩み」 が存在 | トップページ | イランと国際原子力機関(IAEA) 査察の助けとなる「実質的な措置の実施」で合意 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の金融当局は12月に債券購入の縮小を開始しないと予想:

« 米国の労働市場には「極めて多くの緩み」 が存在 | トップページ | イランと国際原子力機関(IAEA) 査察の助けとなる「実質的な措置の実施」で合意 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ