« 予想外の結果は偏った思考で生じるもの ジョージ・ソロス | トップページ | 10月のユーロ圏総合景気指数(改定値)は上方修正 »

2013年11月 6日 (水)

KKR マーベル ・テクノロジー・グループに資本投入

 米国のプライベートエクイティ(PE、未公開株式)投資会社
   KKR
は、コンピューター用半導体メーカー
   マーベル ・テクノロジー・グループ
の株式の5%近くを取得したと事情に詳しい関係者2人がメディアの取材で明らかにした。

 

 この情報は非公開だとして匿名を条件に語ったものだが、関係者の1人によると、KKRはマーベルの価値が割安だとして、マーベルの創業者セハト・スタルジャ最高経営責任者(CEO)のほか、同じく創業者でセハト氏の弟パンタス氏と株式取得について協議したという。

 

 KKRが検討しているシナリオとしてはマーベルの
   レバレッジド・バイアウト(LBO)
もあるが、近くそうした取引が発表されることはないという。

 

 スタルジャ兄弟はマーベルの20%超を保有しており、このほかヘッジファンドの
   グリーンライト・キャピタル
が9%を保有していると見られる。  

 
   
   

ひとこと

 市場評価がまだ低い段階で資金を投入するのは正当だろう。米国の景気回復が加速する可能性が高まっていると言うことのようにも見える。

 

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

« 予想外の結果は偏った思考で生じるもの ジョージ・ソロス | トップページ | 10月のユーロ圏総合景気指数(改定値)は上方修正 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KKR マーベル ・テクノロジー・グループに資本投入:

« 予想外の結果は偏った思考で生じるもの ジョージ・ソロス | トップページ | 10月のユーロ圏総合景気指数(改定値)は上方修正 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ