« 中国のがん患者数 全世界の20%を占める(中国紙) | トップページ | 助けたくても助けられない? »

2013年11月 5日 (火)

「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 【Voice S】 [Kindle版]

 尖閣諸島有事が発生した場合、アメリカはどのように出るのか。

 米中が正面衝突する可能性はあるのか――
 長年、アメリカの軍事情勢を取材し続けてきたジャーナリストが、今後の東アジア情勢を占う。
  ※本コンテンツは月刊誌『Voice』2013年2月号掲載記事を電子化したものです。

 
  
 

  

 ・ 「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 【Voice S】

 
 
 
 

ひとこと
 中国の人口13億人を束ねることは難しい。多民族で独立心が強いチベットやウィグルだけではなく、モンゴルや朝鮮族も一定の集団で地域に居住しており、権利の確保と拡大を要求している。

 国境を挟んで同一民族が居住しており、経済格差が起これば統一する動きが強まるだけだ。

 日本の戦略としては覇権主義で外部に拡大する動きを牽制するためには周辺国への経済支援が回りまわって国防を補強することになる。

 中国軍が動こうとすれば内部の箍が緩み動乱を起こしかねネイ状況を作り出すことが必要だ。
 ジニ係数が0.6代になっており、容易にこうした状況を作り出すことが出来るだろう。 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

  
    

« 中国のがん患者数 全世界の20%を占める(中国紙) | トップページ | 助けたくても助けられない? »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 【Voice S】 [Kindle版]:

« 中国のがん患者数 全世界の20%を占める(中国紙) | トップページ | 助けたくても助けられない? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ