« 11月末の外貨準備高 | トップページ | 米国11月の雇用統計 »

2013年12月 7日 (土)

10月の米消費者信用残高は過去5カ月で最大の増加

 米国連邦準備制度理事会(FRB)が発表した10月の消費者信用残高は
   前月比+182億ドル
増加した。

 前月は163億ドル増(速報は137億ドル増)に上方修正された。

 

 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想では145億ドル増だった。


 

 内訳としてはクレジットカードなどの回転信用は43億ドル増加した。
 なお、9月は2億1800万ドルの減少だった。

 また、学資ローンや自動車ローンを含む非回転信用は139億ドルの増加だった。9月は165億ドル増だった  

 

  

 

ひとこと 
 米国経済の拡大が続いており加速する可能性が高い。この数値がFOMCにおける量的緩和策の縮小を前倒しにする動きになる可能性がある。ただ、経済の拡大を抑制するような雇用統計の改善が見られなければ、失望感が高まり底が割れる可能性も出てくる。

 経済指標は強弱マチマチであり軸足が常に置き換わっており不安定となっており、変化が大きくなりやすい環境。利益も大きく膨らむ可能性もあるが逆張りだと大きな負債を追いかねない。

 

   
 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

     

« 11月末の外貨準備高 | トップページ | 米国11月の雇用統計 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月の米消費者信用残高は過去5カ月で最大の増加:

« 11月末の外貨準備高 | トップページ | 米国11月の雇用統計 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ