« ニシンが築いた国オランダ―海の技術史を読む | トップページ | 銀行のリスクテーク を制限する動きが度を超しており、意図せざる影響がある »

2013年12月13日 (金)

テクニカル分析の多くは疑似科学 デビッド・ショー

 検証の対象である
   仮説
を正確に解明することが出来ないということは、疑似科学の看板ともなりえる。

 テクニカルアナリストが昔から解説してき たような分析パターンのうち、その定義について
   合理的なコンセンサス
に達しているようなパターンでさえ、将来の価格変動を予測できるものではないと金融リサー チに携わっている人たちは理解している。

  

ひとこと
 テクニカル分析を行っても市場を動かすのは人だ。人の投資スタンスには心理的な分野が占める割合が広い。

 過去を知ることは重要だが、過去の動きが将来の動きを保障はしない。

 

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

  

   

 

     

« ニシンが築いた国オランダ―海の技術史を読む | トップページ | 銀行のリスクテーク を制限する動きが度を超しており、意図せざる影響がある »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクニカル分析の多くは疑似科学 デビッド・ショー:

« ニシンが築いた国オランダ―海の技術史を読む | トップページ | 銀行のリスクテーク を制限する動きが度を超しており、意図せざる影響がある »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ