« ユーロ圏11月製造業PMI改定値は51.6に上昇 | トップページ | 初心に帰って移動平均線について、改めて理解するための本 [Kindle版] »

2013年12月 3日 (火)

NY金先物相場は下落し7月以来の安値

 NYMEXの金先物相場は下落し7月以来の安値となった。

 11月の米国のISM製造業総合景況指数は約2年ぶりの水準に上昇し経済が強さを増している。
 この兆しを背景に、金融当局は緩和策のペースを減速する構えだとの観測が強まった。

 

 金相場は10月1日以来の大幅下落となった。
 一時は2.5%安の1218.80ドルと、7月8日以来の安値をつけた。

 


COMEX部門

 金先物2月限
  1オンス=1221.90ドル
   前週末比-2.3%

 

 

ひとこと 
 信用不安が後退し、金でリスクを担保する必要がなくなったいうことだろう。

 金の装飾品等に消費者がお金を出す水準まで下落する可能性が高い。付加価値が金の地金価格の凡そ3倍で売れるようになるまで値を消し始めるかもしれない。

 

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

 


 
   

« ユーロ圏11月製造業PMI改定値は51.6に上昇 | トップページ | 初心に帰って移動平均線について、改めて理解するための本 [Kindle版] »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NY金先物相場は下落し7月以来の安値:

« ユーロ圏11月製造業PMI改定値は51.6に上昇 | トップページ | 初心に帰って移動平均線について、改めて理解するための本 [Kindle版] »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ