« 「夜トマトダイエット」に根拠なし | トップページ | 10月の米消費者信用残高は過去5カ月で最大の増加 »

2013年12月 6日 (金)

11月末の外貨準備高

 財務省が6日発表した11月末の外貨準備高は
   1兆2753億5200万ドル
              (約130兆円)
で、前月末より13億9900万ドル減った。

 この減少は国際的な金相場の下落により、保有する金資産の価値が下がったのが主な要因で、6月以来、5か月ぶりのこ と。

 
  

 内 訳
  米国債などの証券     1兆1926億4500万ドル
  外国の中央銀行などへの預金 171億6900万ドル
  金                    308億2600万ドル

 

 

ひとこと 
 保有する外貨準備を使って売り買いをして価値を高める努力をすべきだ。

 放置して単に下落を待って価値を減らすことなど愚かでしかない。

 消費税の増税は愚かであり、経済の息の根を止めかねない。保有する資産を有効活用もせずに売り時を逃がす責任を誰が取るのか疑問だ。

 過去、外貨を円安で価値が大きく高まった時に売り逃げなかった日銀も通貨の番人といえるのか...

 

   
 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

      

« 「夜トマトダイエット」に根拠なし | トップページ | 10月の米消費者信用残高は過去5カ月で最大の増加 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月末の外貨準備高:

« 「夜トマトダイエット」に根拠なし | トップページ | 10月の米消費者信用残高は過去5カ月で最大の増加 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ