« 緩和策縮小の支持を示唆、先月は反対(ボストン連銀総裁) | トップページ | 日経平均株価は1万8000円の水準を突破することも可能 »

2014年1月 8日 (水)

欧州経済回復でもたついている兆候 13年11月の失業率

 欧州域内経済が過去最長のリセッション (景気後退)から脱した後も
   回復でもたついている兆候
が続いており、ユーロ圏の
   2013年11月の失業率
は前月と変わらず、過去最悪にとどまった。

   

 欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)の8日の発表によると、11月のユーロ圏失業率 は
   12.1%
で事前のエコノミスト調査と一致した。

 

 過去のデータ改定に伴い、失業率は4月以降、12.1% の水準にとどまっている。

 
 

 景気回復の促進を図るEU首脳にとって、欧州の脆弱な雇用市場は大きな悩みの種となっている。

 

 欧州の首脳らは先月、特に若年層で失業率が
   受け入れ難いほど高い水準
にとどまっているとの認識を示した。

 
 

 欧州中央銀行(ECB)によると、ユーロ圏の成長率は13年が
   マイナス0.4%
で今年はプラス1.1%が見込まれる。

 

 エコノミスト調査によれば、失業率は今年が平均で12.1%、来年は11.8%となる見通し。

  
 

 昨年11月のユーロ圏小売売上高指数は
   前月比+1.4%
の上昇と、エコノミスト予想を上回る伸びとなった。

 前年同月比は1.6%上昇だった。

 

 

ひとこと

 雇用環境が改善しなければ賃金が上がらず、収益が増えないため、消費市場の回復は限定的だ。

 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
  

     
 
最近の経済関連記事
 
 ■ 徳之島沖にレアメタル鉱床 熱水・ガスの噴出を確認  
 ■ 遺伝子操作で生物の寿命を延ばせる可能性
 ■ 磁性なしでも電気抵抗変わる金属を京大グループが発見
 
 
 



 
 
 
   

« 緩和策縮小の支持を示唆、先月は反対(ボストン連銀総裁) | トップページ | 日経平均株価は1万8000円の水準を突破することも可能 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州経済回復でもたついている兆候 13年11月の失業率:

« 緩和策縮小の支持を示唆、先月は反対(ボストン連銀総裁) | トップページ | 日経平均株価は1万8000円の水準を突破することも可能 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ