« 中国はシャドーバンクに代わる社債市場の育成必要 | トップページ | アドラーの思い出 »

2014年1月28日 (火)

中銀が臨時会合  劇的利上げか資本規制の思惑で トルコ・リラ急反発

 トルコ中央銀行が臨時会合を開催すると発表し、利上げ観測が浮上したことからトルコ・リラが27日、1月に入って最大の上昇となり株式と債券も下げを解消した。

 

 デニズ・インベストのエコノミスト
   オズレム・デリシ氏
は、リラの行き過ぎた下落に歯止めをかけるには、上限金利の劇的な引き上げが必要だと電子メールで指摘した。

 

同金利である翌日物貸出金利を少なくとも2ポイント引き上げるべきだとも述べた。

 

 中銀が23日に重ねて介入したにもかかわらず、リラは24日までの5日間で4.4%下落していた。

 

 この日の上昇で年初来の下落率は6.9%に縮小した。

 

 中銀は臨時会合の結果を29日午前0時に発表する。

 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
 
  

     

« 中国はシャドーバンクに代わる社債市場の育成必要 | トップページ | アドラーの思い出 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 中国はシャドーバンクに代わる社債市場の育成必要 | トップページ | アドラーの思い出 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ