« 米ドルが今後数年に押し上げられる可能性がある。 | トップページ | 人は自由に生まれたが、至る所で鎖に繋がれている »

2014年1月23日 (木)

中国の本性を知り国防を強化すべきだ。

 中国のニュースサイト「吉和網」などで中国軍と関係が深いシンクタンク
   中国軍事科学学会
の羅援副秘書長(元少将)は22日
   中国と日本が開戦
すれば、中国のミサイルで日本は火の海になると語ったことが報道された。

 

 羅氏は中国は国土も広く、戦争での持久力は比較的強いが日本はそうではないと述べた。

 中国は余裕で日本に勝てると言明した。  

 

 また、同サイトが人民解放軍の千発のミサイルが日本に照準を合わせたとの情報があると伝えたことに関連し、羅氏は
   中国はミサイルでの優勢を利用
し、日本を抑え付けるべきだと強調した。  

 

 

 

ひとこと

 中国への投資活動を行っている日本企業は敵に塩を送るような存在になりつつある。中国共産党が国民党から政権を奪取して以降、中国国民の4人に1人、1億人という膨大な数の国民が統一の過程や政治闘争、文化大革命等で処刑或いは人民公社による土地の接収にともなう農業不振が原因となった飢餓で死亡している。

 日本軍の重慶爆撃は世界で最初の爆撃機による国民党軍への攻撃だが、情報把握が出来ずほぼ壊滅的な国民党軍を地上軍投入により攻撃し、降伏させるチャンスを失っている。

 ただ、中国が日本に戦争を仕掛ければ中国国内でウィグルやチベットなどの反撃が活発化するのは明らかだ。老害中国軍人の戯言を信じる中国人が多いのも事実であり、注意が必要だ。

 右手で握手をしても左手に武器を持っていてはうかうか出来ないのも事実だ。

 中国が増長しないためには北朝鮮の体制を崩壊させ、満州等にいる朝鮮族が動揺するのを誘うのも軍事的には有効だろう。

 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
 
   
    

« 米ドルが今後数年に押し上げられる可能性がある。 | トップページ | 人は自由に生まれたが、至る所で鎖に繋がれている »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の本性を知り国防を強化すべきだ。:

« 米ドルが今後数年に押し上げられる可能性がある。 | トップページ | 人は自由に生まれたが、至る所で鎖に繋がれている »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ