« 北朝鮮、短距離ミサイル4発を発射 | トップページ | 南部クリミアにおけるロシア軍の行動 »

2014年2月28日 (金)

ロシア兵士がクリミアの空港を占拠

 ウクライナの
   アバコフ内相代行
は28日、迷彩色の軍服を着て自動小銃で武装した兵士たちが
   ロシア黒海艦隊
の基地が置かれているクリミア半島の中心都市セバストポリの
   ベルベック軍用空港
   シンフェロポリの空港
を占拠した。

 

 なお、兵士はロシアの軍隊との関係は隠していないものの軍服には識別できるマークはついていなかった。

 
 

 ベルベックでは、ロシア艦隊とつながりのある武装部隊がターミナルへのアクセスを封鎖した。

 

空港は現在閉鎖されているという。

 さらに、ウクライナの兵士や国境警備隊が引き続き空港内にとどまっており、内務省の軍隊が空港周辺に防御線を設置したが、衝突には至っていないと述べた。

 
 

 シンフェロポリでは、深夜零時頃に
   コサック
だと名乗る100人ほどがフェンスを突破して空港敷地への侵入を試みたが、空港の警備隊に阻まれた。

 その後、午前1時半に迷彩服姿の100人以上の兵士を乗せた数台のトラックが到着した。

 

 空港のレストランに陣取ったため、ウクライナ内務省の軍隊は彼らに対し、そこにいる権利はないと通告した。
 ただ、兵士らは交渉には応じないよう指示を受けていると答えたという。      

  
 
 
 

ひとこと

 ウクライナの地理的な価値を考える必要があるだろう。ここにNATOの基地が設けられると、ロシアの防衛ラインが弱体化してしまうことになる。

 
 
  
 
 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
 
      
    

« 北朝鮮、短距離ミサイル4発を発射 | トップページ | 南部クリミアにおけるロシア軍の行動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア兵士がクリミアの空港を占拠:

« 北朝鮮、短距離ミサイル4発を発射 | トップページ | 南部クリミアにおけるロシア軍の行動 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ