« 家計債務残高 昨年10-12月は約6年ぶり大幅増(NY連銀) | トップページ | 10-12月失業率7.2%、予想外の上昇(英) »

2014年2月19日 (水)

商品相場の指標は部分反発

 商品相場の指標は18日、米国の北東部を襲った寒波の影響で燃料需要が拡大し天然ガスと原油にけん引され5カ月ぶり高値となった。

 

 また、コーヒー豆価格はブラジルの干ばつで大幅上昇した。

 

S&P500種株価指数は3営業日続伸した。

 

 天然ガス先物は6.5%上昇し、原油も2.1%上げて4カ月ぶり高値をつけた。

 スタンダード&プアーズ(S&P)GSCI原材料指数は5営業日続伸した。

 

アラビカ種コーヒー生豆は一時10%上げた。
 銀は少なくともこの45年間で最長の上げ局面となる勢いとなっている。     

 
 
   

ひとこと

 景気回復の勢いが天候不順に左右され、いまのところは抑制されてはいないが、注意が必要となりそうな気配だ。

 

 
 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
  
   
      

« 家計債務残高 昨年10-12月は約6年ぶり大幅増(NY連銀) | トップページ | 10-12月失業率7.2%、予想外の上昇(英) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商品相場の指標は部分反発:

« 家計債務残高 昨年10-12月は約6年ぶり大幅増(NY連銀) | トップページ | 10-12月失業率7.2%、予想外の上昇(英) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ