« アルゼンチン・ペソが外貨保有規制の効果で 上昇 | トップページ | チームコーチング――集団の知恵と力を引き出す技術 »

2014年2月10日 (月)

日系メーカー 「意図しない急加速」問題で米国当局と10億ドル(約1020億円) を超える支払いで和解?

 ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると2009~10年の大量リコール(無料の回収・修理)につながった
   意図しない急加速の問題
で、トヨタ自動車が、情報公開が適切だったかを調査している米国当局と
   10億ドル(約1020億円)
を超える支払いで、数週間以内に和解する可能性があると7日、報じられた。

  
  

 同紙によると、10億ドルを超える米当局への和解金支払いは、実現すれば自動車メーカーとしては最大級の金額となる。

 

ただ、協議には難航している点もあり、流動的な面も残っているという。

 
 
 
  

ひとこと

 米国流の民間企業等に対する規制の緩い分野での自己責任の追及する姿勢を示した形だ。

 日本の経営者が規制緩和を主張するのであれば、日本政府はこうした米国流の司法手続きによる付加を加えるべきだろう。

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
 
   
  

 
 
 
     
     
 
 

   

« アルゼンチン・ペソが外貨保有規制の効果で 上昇 | トップページ | チームコーチング――集団の知恵と力を引き出す技術 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルゼンチン・ペソが外貨保有規制の効果で 上昇 | トップページ | チームコーチング――集団の知恵と力を引き出す技術 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ