« 米国 1月の雇用統計 | トップページ | 必然的な為替相場の調整はかなり進んだ。 »

2014年2月 9日 (日)

「影」の心理学―なぜ善人が悪事を為すのか

 できることなら目を逸らしておきたい自分の一部、ユングはそれを「影」と呼んだ。

 こうした「影」にはマイナスのイメージがつきまとうが、その存在を受け入れることで人生に幅と深みがもたらされる。

 ユング心理学の中核概念のひとつである「影」とのつきあい方を丹念にまとめあげた快著。

 
 

 
 

  

・ 「影」の心理学―なぜ善人が悪事を為すのか

 
 
 
 

ひとこと
 太陽が輝くのに対し、個人というものを考えれば必ず足元から影が生まれている。
 ただ、曇りや雨であれば影は個人には認識できない。
 個人が無ければ陰は存在しないという表裏一体のものだろう。

 故に個人の存在を確認できる影を認識するのも重要だ。影なき個人はそもそも存在するのだろうか...

  
  
 

  ↓ 参考になったらクリックお願いします。
 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

 
 
  
   


  
 
  
 
     

« 米国 1月の雇用統計 | トップページ | 必然的な為替相場の調整はかなり進んだ。 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「影」の心理学―なぜ善人が悪事を為すのか:

« 米国 1月の雇用統計 | トップページ | 必然的な為替相場の調整はかなり進んだ。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ