« クライナをめぐる対立の打開に向けた会談では結論が出ず。 | トップページ | ロシア連邦にはウクライナ南東部を侵攻する計画はない。 »

2014年3月15日 (土)

米国の住宅セクターについても、持続的に回復しているもよう

 米国のダラス地区連銀
   フィッシャー総裁
は14日、年次報告とともに発表した文書のなかで、昨年第3・四半期以降、とりわけ製造業や消費支出、雇用関連の指標が底堅いことを踏まえ、米経済の回復は
   「着実に進んでいる」
との見解を示し、米国の住宅セクターについても、持続的に回復しているもようとの認識を明らかにした。

 なお、同総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

 
  
  

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
  
 

 

最近の医療・科学関連記事

 ■ 液体に似た性質を持つ新準粒子を固体中で発見
 ■ シベリア永久凍土で発見の3万年前のウイルスが復活
 ■ 造血幹細胞を育てる「司令塔役」細胞の形成に必須のタンパク質を発見

 
  
 


 
 

      

 
 
   
      

« クライナをめぐる対立の打開に向けた会談では結論が出ず。 | トップページ | ロシア連邦にはウクライナ南東部を侵攻する計画はない。 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の住宅セクターについても、持続的に回復しているもよう:

« クライナをめぐる対立の打開に向けた会談では結論が出ず。 | トップページ | ロシア連邦にはウクライナ南東部を侵攻する計画はない。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ