« 1月のユーロ圏貿易収支は9億ユーロの黒字 | トップページ | クリミアの財政赤字550億ルーブルを負担(ロシア) »

2014年3月19日 (水)

高頻度取引 を行うトレーダーらに不適切な優位性を与えている疑い

 ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官は18日のニューヨーク・ロー・スクールでの講演で米国の証券取引所やその他の取引システムが
   高頻度取引
を行うトレーダーらに不適切な優位性を与えている疑いがあるとして広範な調査を開始したと語った。

 

 この新手の搾取的な行動は、業界内の小さなグループに他の全ての競争相手に対する非常に大きな優位を与え、わずかではあるが不公平な優位に基づく巨額の利益を得るための新技術の利用を許しているとの見解を示した。

 

 一般の人よりも速いデータへのアクセスや取引に関する豊富な情報を提供する製品やサービスの販売について調査している。

 

 また、シュナイダーマン長官のオフィスはまた、ダークプールと呼ばれる私設取引システムと、高頻度トレーダーらが自身で採用している戦略にも目を向けているという。

 
 

 ニューヨーク州司法省の職員はナスダックおよびNYSEの幹部と問題とされている点について協議し、追加の情報提供を求めたという。

 
 

    

« 1月のユーロ圏貿易収支は9億ユーロの黒字 | トップページ | クリミアの財政赤字550億ルーブルを負担(ロシア) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 1月のユーロ圏貿易収支は9億ユーロの黒字 | トップページ | クリミアの財政赤字550億ルーブルを負担(ロシア) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ