« 欧州ECBは大規模な量的緩和を採用 | トップページ | ユーロ・円 1時間足 量的緩和拡大で売りが強まりそうだ。 »

2014年4月 4日 (金)

米ドル円 104円のラインが重い

米ドル・円の動きは

 米国の2月の貿易収支(季節調整後、国際収支ベース)の赤字額が前月比で7.7%拡大したことを背景に売られた。

 売りで23時35分安値103.81円まで底値が緩んだ。

 一目均衡表の雲は緩く下向く流れで下縁が103.89円付近まで緩んでいる。

 

 現在は103.88-103.96円のボックス相場で雲を挟んでの揉み合い。 

 雲の上縁を突破してきたが上値は重そう。 


 

 1時間足で見れば一目均衡表の雲は上向きが継続しており上縁が103.80円までポジションを回復した。

 一時は買いが強く出て104.10円をつけている。

 雲からの乖離は修正されてきており104円が突破できなければ調整に入る見込み。売りが優勢となると103.25円付近まで押されるかも。

 

 

 

 

 

Investing.comInvesting.com 日本 によって機能された外国為替チャート。

 
 
 
 
 
  
  

« 欧州ECBは大規模な量的緩和を採用 | トップページ | ユーロ・円 1時間足 量的緩和拡大で売りが強まりそうだ。 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米ドル円 104円のラインが重い:

« 欧州ECBは大規模な量的緩和を採用 | トップページ | ユーロ・円 1時間足 量的緩和拡大で売りが強まりそうだ。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ