« 今日の格言 | トップページ | 米国経済指標 消費者信頼感がやや悪化、住宅価格は上昇 »

2014年4月30日 (水)

欧州大手金融機関の格付けを引き下げ

 米国の格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、ドイツの銀行最大手
   ドイツ銀行 など
欧州の15行の格付けアウトルック(見通し)を「ネガティブ」に引き下げた。

 欧州各政府による支援の可能性が低いためとの判断が働いた。

 
 

 S&Pは見通しを従来の「安定的」から引き下げた理由について、監督当局が
   破たん処理メカニズム
を整備しており、政府による特別措置としての支援が行われる可能性は低くなるとの当社の見方を反映していると説明した。

 
 
 
 

ひとこと

 金融機関の融資が抑制される可能性が高い。欧州と米国の金融機関の影響力の変化が引き起こされる見込み。

 資本の移動とも言えるもので、国境をまたいだ動きが不況下以上に強くなるだろう。

  

 

 

  

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 


    

« 今日の格言 | トップページ | 米国経済指標 消費者信頼感がやや悪化、住宅価格は上昇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州大手金融機関の格付けを引き下げ:

« 今日の格言 | トップページ | 米国経済指標 消費者信頼感がやや悪化、住宅価格は上昇 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ