« 豪ドル円 天井での揉み合い | トップページ | 2月のユーロ圏鉱工業生産指数 前月比+0.2%の上昇 »

2014年4月14日 (月)

ポンド円 下向きに緩むボックス相場を維持

 

・ 市場の動き

 ポンド円は1時間足で見れば10日9時高値171.62円から売りが続き11日20時安値169.54円をつけた



・ 今後の展開予想

 1時間足で見ると一目均衡表の雲は170.80円を中心に水平に薄く波打つ動き。

 取引では売りが続き安値を津k他の地反発でヒイタがレジスタンス170.20円が重しとなっている。

 

 4時間足で見ると一目均衡表の雲は168.87円の切れ目から上向きに流れ上縁が172.37円をつけたのち売りで水平に変化し厚みを薄くしている。

 取引は4月3日16時高値173.14円かから売りが続き雲を割り込んでいる。

 

 目先、週明け売りが入りサポートの170円のラインが割れると168.50円が意識される。ただ、ボリン下限のポジションでもあり買戻しが入れば170.60円まで回復する見込み。

 

 




Investing.comInvesting.com 日本 によって機能された外国為替チャート。

 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 



;

 

« 豪ドル円 天井での揉み合い | トップページ | 2月のユーロ圏鉱工業生産指数 前月比+0.2%の上昇 »

為替相場考察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンド円 下向きに緩むボックス相場を維持:

« 豪ドル円 天井での揉み合い | トップページ | 2月のユーロ圏鉱工業生産指数 前月比+0.2%の上昇 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ