« ロシアの合意順守は時間切れになりつつあると警告(米国) | トップページ | 北朝鮮 豊渓里にある核実験場での活動が活発化 »

2014年4月26日 (土)

自国に対する重大な犯罪(ロシア)

 ロシアのプーチン大統領はサンクトペテルブルクで記者会見し、ウクライナ政府に対し、5人の死者が出た分離派への攻撃を取りやめるよう警告した。

 
 

 ウクライナ政権が自国内で国民に対し軍を差し向けたというのが事実であれば、これは
   自国に対する重大な犯罪
だと述べ、そのような決定をした者には、ロシアとウクライナの関係悪化などの結果がもたらされるだろうと続けた。

 ロシアは状況の展開を見守り、現地の実情に基づいて結論を出すと語った。

 
 

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

  
 
 
 

最近の経済・政治等関連記事

 ■ 東京ガス(9531) 強固な財務を背景に株主配分を強化
 ■ ベトナムでレアアース磁石の製造工場を新設
 ■ ベスト電器(8175) 連結最終損益が16億円の黒字

  
 
 
 
 

« ロシアの合意順守は時間切れになりつつあると警告(米国) | トップページ | 北朝鮮 豊渓里にある核実験場での活動が活発化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自国に対する重大な犯罪(ロシア):

« ロシアの合意順守は時間切れになりつつあると警告(米国) | トップページ | 北朝鮮 豊渓里にある核実験場での活動が活発化 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ