« ウクライナの支払いでロシアとのガス協議は進展 | トップページ | 米ドル・円 様子見 »

2014年5月31日 (土)

米国の個人消費支出 4月は0.1%減、耐久財が大幅マイナス

 4月の米個人消費支出は予想外に前月比で減少した。
 なお、前月はほぼ5年ぶりの高い伸びだった。

 また、個人所得は前月比で伸びが減速した。

 米国商務省が発表した4月の個人消費支出(PCE)は
   前月比-0.1%
の減少だった。
 なお、マイナスとなったのは1年ぶり。

 

 市場のエコノミスト予想では0.2%増だった。

 

前月は1%増(速報値0.9%増)に上方修正されたがこれは2009年8月以来で最高だった。

 
 

 個人所得は0.3%増(前月 0.5%増)となり、伸びが減速した。

  

 インフレ調整後のPCEは0.3%減と、09年9月以来の大幅な落ち込みだった。

 

 可処分所得はインフレ調整後で0.2%増と、年初来で最も小さい伸びとなった。
 貯蓄率は4%(前月 3.6%)に上昇した。

 賃金・給与は0.2%増(前月 0.6%増)に減速した。

 

 自動車など耐久財の支出はインフレ調整後で0.5%減少した。
 前月は3.7%の大幅増加を記録していた。

 

 ガソリンなどの非耐久財は0.3%減だった。

 

旅行や医療、美容院などを含むサービス支出はインフレ調整後で0.2%減少した。 

 燃料と食品を除くPCEコア指数は前月比0.2%上昇、前年比では1.4%上昇した。

 
 
 
 

« ウクライナの支払いでロシアとのガス協議は進展 | トップページ | 米ドル・円 様子見 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の個人消費支出 4月は0.1%減、耐久財が大幅マイナス:

« ウクライナの支払いでロシアとのガス協議は進展 | トップページ | 米ドル・円 様子見 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ