« ドネツク分離派は秋の選挙を準備  ウクライナ東部で戦闘続く | トップページ | 4月の消費者物価指数(英国) »

2014年5月20日 (火)

中国のサイバー攻撃摘発 軍当局者を初起訴

 米国のホルダー司法長官は19日、連邦大陪審が米国系企業に対する
   サイバー攻撃
で商取引上の秘密を盗むスパイ行為をしたとして、身柄を拘束しないまま中国軍当局者5人を起訴したことを発表した。

 なお、この5人は原子力発電や太陽光発電、金属産業に関連する情報を盗んだ疑いが持たれている。

 

 米国企業に対するサイバー攻撃で、米政府が外国当局者を起訴するのは初めてのこと。

 なお、こうした措置は異例の対応で、中国発のサイバー攻撃への強い姿勢を示した。


 
 

 中国外務省の秦剛報道局長はこの事件について
   米国が捏造した
と抗議し、起訴の撤回を求めた。

 起訴された中国軍当局者は、いずれも上海に拠点を置く中国軍の「61398部隊」のメンバーとのこと。

 

 

 

ひとこと

 サイバー作戦は近代戦争の新しい局面だ。インターネット自体が軍事技術でもある。監視機構は米軍の支配下にあるため、ライン内を移動する情報という攻撃兵器は捕捉されているのだろう。

 

 クラウドなども、ラインがつながっておれば情報は相手に筒抜けなのはいうまでもないことだ。

 IT政府などということで政府機関等がインターネットを使った効率化ばかりに目を向けている場合、情報が外国政府に筒抜けになり情報をつかまれた上で交渉に当るといったことになる。

 

 意図的に情報を流して、相手を思うがままに反応させて有利な状況に持ち込むような手法が取れれば、勝利することも可能だが...

 

 

  

 

 暗号が解読され米軍にの手のひらの上で踊って攻撃したミッドウェー海戦の敗北原因を知るべきだ。

 
   
 
 

 

         ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

   
  
   
 
 
  
 

 

 
   
 

« ドネツク分離派は秋の選挙を準備  ウクライナ東部で戦闘続く | トップページ | 4月の消費者物価指数(英国) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国のサイバー攻撃摘発 軍当局者を初起訴:

« ドネツク分離派は秋の選挙を準備  ウクライナ東部で戦闘続く | トップページ | 4月の消費者物価指数(英国) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ