« 潜在成長率の強化ないとインフレ下の低成長に | トップページ | イクメンの脳は、通常母親の脳と同じような働き »

2014年5月27日 (火)

学問的な研究が議題

 欧州中央銀行のコンスタンシオ副総裁ポルトガルのシントラで26日に開催されるECBフォーラムでは、現在の金融政策は議論せず、学問的な研究が議題になると述べていた。

 

ECBフォーラムは、米ワイオミング州ジャクソンホールで毎年行われる米連邦準備制度のシンポジウムに相当するものとして開催される。

 

ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン教授らが出席している。

 
 
 
   

« 潜在成長率の強化ないとインフレ下の低成長に | トップページ | イクメンの脳は、通常母親の脳と同じような働き »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学問的な研究が議題:

« 潜在成長率の強化ないとインフレ下の低成長に | トップページ | イクメンの脳は、通常母親の脳と同じような働き »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ