« イクメンの脳は、通常母親の脳と同じような働き | トップページ | ドネツクの空港を奪回作戦で反政府派「数十人」無力化( ウクライナ) »

2014年5月27日 (火)

ウクライナ政府と東部地域代表者との対話が危機解決に役立つ?

 ロシアのプーチン大統領は27日、イタリア首相との電話会談で、ウクライナ政府と東部地域代表者との対話が危機解決に役立つとの考えを示したうえで、ウクライナ東部で続けている
   親ロシア派武装勢力
に対する軍事行動を直ちに停止するよう要求した。

 
 
 
 

ひとこと
 武力で制圧した場合のシコリは強く残るだろう。

 東部と西部の人種的な違いや経済力を考えれば、制圧した後の経済回復力は遅々として進まず、競争力の低い状況では欧州の他国との自由な競争は無理な話でしかない。

 地政学的なメリットでいつまでも支援を受けれることも出来ず時間経過とともに混乱化していくことになるだけだ。

 
 
 

 
  
 

    

 
 
 
 
   

« イクメンの脳は、通常母親の脳と同じような働き | トップページ | ドネツクの空港を奪回作戦で反政府派「数十人」無力化( ウクライナ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナ政府と東部地域代表者との対話が危機解決に役立つ?:

« イクメンの脳は、通常母親の脳と同じような働き | トップページ | ドネツクの空港を奪回作戦で反政府派「数十人」無力化( ウクライナ) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ