« 米国の個人消費支出 4月は0.1%減、耐久財が大幅マイナス | トップページ | ユーロ・円 底値固めか »

2014年6月 1日 (日)

米ドル・円 様子見

 

・ 市場の動き

 米ドル円は週末、売りが続いて30日0時安値101.43円まで底値が緩んだ。 

 

 

・ 今後の展開予想
 

 1時間足で見る一目均衡表の雲は101.90円付近で切れ目を作ったのち下向きに流れ下縁が101.60円に近接した。

 取引は101.43円の安値から買い戻しになり雲の中に入った。

 

 4時間足では雲は下縁が101.20円に近接後収束、101.60円付近に切れ目を作った。

 取引は買戻しが5月28日0時高値102.13円で止まった後、雲の切れ目に向かって売られたが、割り込む動きは短時間で終わり反発した。

 

 

 目先、雲は下向きの流れが止まって水平に流れる動きであり、下向きのトップラインが崩れ始めた。

 レジスタンス102円を突破できれば102.30円目標。

 ウクライナ問題が後退しており売りは限定的。

 

 

 

Investing.comInvesting.com 日本 によって機能された外国為替チャート。

 

 

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

     

 

« 米国の個人消費支出 4月は0.1%減、耐久財が大幅マイナス | トップページ | ユーロ・円 底値固めか »

為替相場考察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米ドル・円 様子見:

« 米国の個人消費支出 4月は0.1%減、耐久財が大幅マイナス | トップページ | ユーロ・円 底値固めか »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ