« 金相場は5月のスランプを経て値固め | トップページ | 協議で武力の停止が実際にあり得る状況に(ウクライナ) »

2014年6月11日 (水)

4月の米国の求人件数はほぼ7年ぶりの水準に増加

 米国労働省が発表した4月の求人件数は
   446万件
    (前月は417万件 速報値は401万件)
と、2007年9月以来の水準に増加した。

 

 4月に新たに雇用された労働者は471万人で、前月からほぼ変わらずであった。

 

 全雇用者のうち新規雇用者が占める比率 は3.4%だった。

 

 自己都合による退職者は約247万人(前月 246万人)に微増した。
 なお、自己都合による退職率は1.8%で変わらず。

 

 リタイアや自己都合による退職を除く解雇者は165万人(前月 164万人))に増えた。

 
 
 
 

 

          ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
 
 
 
   
 

    

 
 
 
  

« 金相場は5月のスランプを経て値固め | トップページ | 協議で武力の停止が実際にあり得る状況に(ウクライナ) »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月の米国の求人件数はほぼ7年ぶりの水準に増加:

« 金相場は5月のスランプを経て値固め | トップページ | 協議で武力の停止が実際にあり得る状況に(ウクライナ) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ