« 6月の中国製造業購買担当者指数(PMI )速報値が極めて良い数字 | トップページ | イラク政府軍とISILがヨルダン国境付近で交戦 »

2014年6月24日 (火)

空爆命令に備え必要な情報を収集中

 米国のケリー国務長官は23日バグダッドにある在イラク米大使館での記者会見で、イスラム教スンニ派過激派組織
   イラク・レバントのイスラム国(ISIL)
の進撃を止めるためにオバマ大統領が空爆を決断した場合に備え、同政権は必要となる情報を収集中だと語った。

 オバマ大統領は適切な配備によって、標的設定に必要な状況を日々整えていると述べ、さらに、オバマ大統領だけが
   空爆実施の決定権
を有しており、いつでも決断できるようになっていると続けた。

 

現在、われわれは戦略を実行に移しつつある状況であり、待ってはいないと語った。

 
  
 
 
 

ひとこと

 ISILの進行速度の速さや装備の充実等を考えると、資金力が豊富なスンニ派の国家UAEやサウジが背後に見え隠れしている感じだ。シーア派のイラン等が対決色を強める可能性も高く、シリアの内戦も方向性が変わり、大混乱に堕ちいる可能性が高い。

 当然、輸出される原油の生産が停止し、石油ショックが引き起こされることになる。

 現時点で空爆でISILの力を殺げるかどうかは疑問だ。

 一般人が人質になり、ISIL戦闘員の中に組み込まれて人質を盾にした戦闘になっている可能性もある。

 ISIL支持派か、人質かを区別するのも難しい。

 

 
  

 

        ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

  
 
 
 
      

« 6月の中国製造業購買担当者指数(PMI )速報値が極めて良い数字 | トップページ | イラク政府軍とISILがヨルダン国境付近で交戦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空爆命令に備え必要な情報を収集中:

« 6月の中国製造業購買担当者指数(PMI )速報値が極めて良い数字 | トップページ | イラク政府軍とISILがヨルダン国境付近で交戦 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ