« 武装組織「イスラム国」 原油販売による収入が1日当たり約200万ドルに上る可能性 | トップページ | 「ウクライナでの戦闘」が激化 »

2014年8月27日 (水)

米消費者信頼感指数 8月は92.4に上昇

 

米国の民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した8月の消費者信頼感指数は
   92.4(前月 90.3)
だった。

 なお、事前のエコノミスト予想では89へ低下する見込みだった。

 

 現況指数は94.6(前月 87.9)と、08年2月以来の高水準となった。
 今後6カ月の期待指数は90.9(前月 91.9)に低下した。

 

 今後6カ月に雇用が増加するとの回答比率は17%(前月 18.7%)に低下した。
 また、同期間に所得が増加すると応えた割合は約15.5%と、3月以来の低水準だった。

 

 現在雇用が十分にあると回答した割合は18.2%。08年3月以来の最高だった。
 職を得るのが困難だと回答した割合は30.6%だった。08年7月以来の最低だった。

  

 
   

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

   


   
    

« 武装組織「イスラム国」 原油販売による収入が1日当たり約200万ドルに上る可能性 | トップページ | 「ウクライナでの戦闘」が激化 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米消費者信頼感指数 8月は92.4に上昇:

« 武装組織「イスラム国」 原油販売による収入が1日当たり約200万ドルに上る可能性 | トップページ | 「ウクライナでの戦闘」が激化 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ