« エボラ出血熱の治療で前例のないほどの数の医療従事者が死亡 今後、感染者が2万人を超える可能性(WHO) | トップページ | 英国の金融業界 ボーナス(賞与)の総額 は144億ポンド »

2014年8月29日 (金)

 原油取引需要と供給は比較的タイトな状況が維持されている。

 PNCキャピタル・アドバイザーズの原油アナリスト
   ポール・クロボ氏(フィラデルフィア在勤)
は原油相場について、「今の価格から下げる余地」はかなり限定的だとメディアのインタビューで指摘した。

 

 原油取引・価格の動向について、今年後半に入ってから、需要と供給は比較的タイトな状況が続いていると述べた。



 
 

ひとこと

 原油取引において供給面が米国内等で開発が進んでいる
   シェールガス・オイル

 こうしたなかでウクライナ問題やイスラム国の中東での勢力拡大、イスラエルとパレスチナの問題などが勃発しており、底値う案をかき消してしまっている。

 国際資本の意図的な策謀にも見えるこうした出来事で経済の回復が遅れ始めていることに注意が必要だろう。

 

 欧米の経済危機は日本政府にとっては米国追随を改め、自主防衛を強化して対等に外交交渉を獲得するチャンスでもある。しかし、欧米に媚びを売る保守系政治家と中国や韓国、ロシアなどの利益誘導を目論む野党政治家が海外勢力の意のままに動くマスコミの報道に踊らされる一部大衆の扇動にのり国益を毀損する発言や行動が目立ちすぎてしまっている。

 

 米軍が有事の際に日本を守る意志は不明確なまま集団的自衛権に関する条約等は締結すべきではない。
 米国に踏み絵を踏ませることが必要だろう。

 

 明確な踏み絵として米国が退役させた大型空母(最低5隻)や艦載機(F14 500機等)を無償で日本の自衛隊に提供させる提案を行い実行させてからにすべきだ。

 

 米軍に媚を売って「思いやり予算」といった愚かな資金を提供した金丸信のような政治家がメディアの影響を受けて増殖しているのが気懸かりだ。

 
 
  

« エボラ出血熱の治療で前例のないほどの数の医療従事者が死亡 今後、感染者が2万人を超える可能性(WHO) | トップページ | 英国の金融業界 ボーナス(賞与)の総額 は144億ポンド »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  原油取引需要と供給は比較的タイトな状況が維持されている。:

« エボラ出血熱の治療で前例のないほどの数の医療従事者が死亡 今後、感染者が2万人を超える可能性(WHO) | トップページ | 英国の金融業界 ボーナス(賞与)の総額 は144億ポンド »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ