« スコットランドが英国からの分離・独立という「ポンド」リスク  | トップページ | 欧州経済の成長 ペースが今年下期に加速する公算はほとんどない。 »

2014年8月14日 (木)

産油国イラクでの戦闘 世界の原油供給状況に不安が無いのは明白

 RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニア市場ストラテジスト
   トム・パワー氏
はメディアとの電話インタビューで
   産油国イラクでの戦闘
にかかわらず、世界の原油供給状況に不安が無いのは明白であり、成長懸念があるため需要も恐らく急増しないだろうと指摘した。

 世界的な情勢不安は一方で、金価格を押し上げていると述べた。

 
 


 

ひとこと

 世界経済のけん引役でもある米国内で産出されるシェールガス・オイルの生産が拡大しておりエネルギー面のリスクは米国では低い。
 ウクライナの問題は欧州のエネルギー市場に米国企業の触手が及び始めるきっかけになる。

 
 
 
 
 
  

« スコットランドが英国からの分離・独立という「ポンド」リスク  | トップページ | 欧州経済の成長 ペースが今年下期に加速する公算はほとんどない。 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« スコットランドが英国からの分離・独立という「ポンド」リスク  | トップページ | 欧州経済の成長 ペースが今年下期に加速する公算はほとんどない。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ