« 長期の成長鈍化も 米労働参加率の低下を懸念(FRB副議長) | トップページ | ロシア国防省 ウクライナ国境付近での演習を終了 »

2014年8月12日 (火)

ロシアとウクライナの情勢に関しては「正しい方向」に進むことを期待。

 アッシュバートン(英ジャージー)の投資マネジャー
   ベロニカ・ペクラナー氏
は欧州市場の動きについてメディアとの電話インタビューで、先週下落したことから週明けはやや反発したと述べた。

 また、ロシアとウクライナの情勢に関しては段階的なプロセスとなるだろとの認識を示したうえ
   正しい方向
に進むことを期待していると続けた。

 

 制裁拡大やこれ以上の軍事行動がなく、撃墜された航空機の調査に関する情報が得られることが望まれると語った。

 
 
 
 
   

« 長期の成長鈍化も 米労働参加率の低下を懸念(FRB副議長) | トップページ | ロシア国防省 ウクライナ国境付近での演習を終了 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 長期の成長鈍化も 米労働参加率の低下を懸念(FRB副議長) | トップページ | ロシア国防省 ウクライナ国境付近での演習を終了 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ