« イランが反「イスラム国」戦闘で イラク・クルド人勢力を支援 | トップページ | 「ペントアップ賃金デフレ仮説」は労働市場のスラックを裏付けず? »

2014年8月27日 (水)

金融商品の購入に対しては地政学的な問題は重要だが...

 ロバート・W・ベアードの米株セールス責任者
   パトリック・スペンサー氏
はメディアの取材に対し、金融商品の購入に対しては地政学的な問題は重要で、新たな戦闘は悲劇的だと述べた。

 

だが世界経済を動揺させるには十分ではない。

 特に米国経済についてはそうだと続けた。


 

 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は成長を刺激するための
   追加策の用意
があるとはっきりと示しており、これが全体のセンチメントに寄与しているとも語った。

 
 
 
  

ひとこと

 米国経済の回復が強まり量的緩和の縮小が続いている中、欧州経済がウクライナの問題等の影響を受け踊り場からそkゴア抜けるリスクが強まってきている。

 ロシアの天然ガスを使用する欧州の企業等がウクライナを経由するパイプラインが途絶され、エネルギーを受けられなくなる現実がある。

 ネガティブな投資家が増えれば資金が回らなくなり、景気回復の足取りを重くしてしまうことになる。
 天然ガスを米国から運ぶには輸送コストがかかりすぎるのが問題になり単純な話ではない。

   
 
 
 
  

  

 
 
 
 
  
  

« イランが反「イスラム国」戦闘で イラク・クルド人勢力を支援 | トップページ | 「ペントアップ賃金デフレ仮説」は労働市場のスラックを裏付けず? »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金融商品の購入に対しては地政学的な問題は重要だが...:

« イランが反「イスラム国」戦闘で イラク・クルド人勢力を支援 | トップページ | 「ペントアップ賃金デフレ仮説」は労働市場のスラックを裏付けず? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ