« 短期的な経済への圧迫に耐え切れるかどうか | トップページ |   中国の刺激プログラムが報じられたため、金に買いが入った。 »

2014年9月16日 (火)

8月英国のインフレ率は1.5%に低下 5年で最低水準に並ぶ

 英国の8月のインフレ率はスーパーマーケットの値引き競争と天候要因で食料品が10年余りで最も値下がりし前月から低下し、5年ぶり低水準に並んだ。


 

 英国政府統計局(ONS)が16日発表した8月の消費者物価指数は
   前年同月比+1.5%
に上昇した。

 

6月の1.6%上昇から鈍化し、5月に達した5年ぶり低水準に並んだ。

 食料品と非アルコール飲料は前年同月比-1.1%に下落しており、2003年以来で最大の値下がりになった。

 

 インフレ率はこれで8カ月連続、イングランド銀行(英中央銀行)が目標とする2%を下回った。



 8月のインフレ率はブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト32人の予想に一致した。
 コアインフレ率は1.9%(前月 1.8%)に加速した。

 

 8月の消費者物価は前月比+0.4%に上昇した。
 衣料品は前月比+2.6%と値上がりした一方、食料品は0.2%値下がりした。

 
 
 
 
 
   

« 短期的な経済への圧迫に耐え切れるかどうか | トップページ |   中国の刺激プログラムが報じられたため、金に買いが入った。 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月英国のインフレ率は1.5%に低下 5年で最低水準に並ぶ:

« 短期的な経済への圧迫に耐え切れるかどうか | トップページ |   中国の刺激プログラムが報じられたため、金に買いが入った。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ