« 「イスラム国(IS)」に対する空爆の効果は限定的。 | トップページ | イラクの北部スンニ派の多い地域をイスラム国から奪還するのは困難な状況 »

2014年9月 2日 (火)

シリアでのイスラム国(IS)への米軍の軍事作戦は制限

 イラクで勢力を拡大している
   イスラム国(IS)
は、シリアで8月24日に、軍が使う主要空港の1つを掌握するなど支配地域となっている新たに拠点を築いている。

 それに先立つ21日、米国のデンプシー統合参謀本部議長は、イラクでのイスラム国の撃退には、シリアでの同組織に対する攻撃でも成功することが必要だとの見解を示した。

 

 米軍が豊富な経験を有し、現地に友軍も存在するイラクとは違い、シリアでの作戦遂行には難題が山積している。

 オバマ政権は、シリアのアサド政権とは関係を持っていないため、民間人への被害を出さずに空爆が出来ない。

 
 

 オバマ大統領は、シリアでの武装勢力との戦いについては
   「まだ戦略を持っていない」
と語り、シリアでのイスラム国に対する空爆の観測を否定した。

 

 ホワイトハウスによれば、オバマ大統領は
   軍事顧問
らが提示する選択肢を慎重に検討したい意向だという。

 
  
 
 
 
 
   

« 「イスラム国(IS)」に対する空爆の効果は限定的。 | トップページ | イラクの北部スンニ派の多い地域をイスラム国から奪還するのは困難な状況 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリアでのイスラム国(IS)への米軍の軍事作戦は制限:

« 「イスラム国(IS)」に対する空爆の効果は限定的。 | トップページ | イラクの北部スンニ派の多い地域をイスラム国から奪還するのは困難な状況 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ