« 国際的理解は十分に得られている 量的・質的金融緩和 | トップページ | 米国財務省は課税回避の利益制限で作業終えつつある »

2014年9月22日 (月)

民間が所有する中央銀行―主権を奪われた国家アメリカの悲劇

 合衆国の中央銀行FRBの陰謀に包まれた起源を明らかにした一冊。
 世界的なシオニスト帝国主義とテロリズムの基本的な道具としてであるという事実を公開する。

 秘密にされた強力な連邦準備制度について記した唯一の歴史書。

 
 ・ 民間が所有する中央銀行―主権を奪われた国家アメリカの悲劇





ひとこと

 ウッドロー・ウィルソンが大統領であった時代、1910年12月にJPモルガン本人が個人で所有していた島 「ジキル島 」に後にFRBとなる組織の青写真を描いた政治家やクーン・ローブ商会の共同経営者ポール・ウォーバークなどの大富豪が集まり、9日間の秘密会議「ジキル島会議」を持った。その後、息子のジェイムス・ポール・ワーバーグが主導してFRBが創設された。
 

 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

 


 

 

 

« 国際的理解は十分に得られている 量的・質的金融緩和 | トップページ | 米国財務省は課税回避の利益制限で作業終えつつある »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民間が所有する中央銀行―主権を奪われた国家アメリカの悲劇:

« 国際的理解は十分に得られている 量的・質的金融緩和 | トップページ | 米国財務省は課税回避の利益制限で作業終えつつある »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ